香典返しの相場から人気ランキング

法事の引き出物のお返しの選び方と、49日、1周期の引き出物のオススメ商品や返礼品で人気のある商品の紹介と法事の引き出物の表書きや挨拶状などを紹介しています。法事の引き出物は葬儀で使ったお返しの品とは別な品物が基本となりますので葬儀で珈琲の詰め合わせを使った場合は法事のお返しでは調味料の詰め合わせ等が人気です。また御親族が電車で集まることが多い場合などは帰りの荷物が重くならないようにカタログギフトなどの軽い物を選んであげると相手様に喜ばれます。

 

 

スポンサーリンク

法事の引き出物の相場はどの位の金額が相場

法事のお返しの相場は色々とありますが、法事は引き出物だけでは無くて料理の金額も計算に入れなくてはいけません、料理とお返しの品で幾らにするかを決めてからどちらに金額をかけるかも重要になります。まず法事の時に頂くお包みの金額の相場も重要で相場が5000円の地域でしたら上限が5,000円になってしまいますが法事の香典が10,000円の地域でしたら10,000円までは限度額として使うことが可能です。
全国的な法事の香典相場は10,000円ですから予算的には10,000円を予算にすることが可能ですがお寺さんのお布施や引き出物も、参列して頂いた方々からの法事の香典で支払いたい場合ですと参加して頂ける人数にもよりますが予算的には1人あたり7,000円ぐらいにしたほうがトータル的には予算内で収まる金額になります。
もちろん参列して頂く人数とお寺さんのお布施の金額によっては予算をオーバーしてしまうことも多いので注意が必要です。
では、実際に法事の引き出物の予算は3000円が一番多く、次に2,500円、3,500円、4,000円と続きお返しの相場金額になります。この金額の差は頂く香典の金額にもよりますが、参列して頂く人の年齢にもより変わり、年齢が高い人に沢山の料理を出しても食べきれない可能性も高くなりますから食事の量を減らして質を上げるか引き出物の金額を4,000円などの高い品にする方法があります。そのために頂く香典の金額は同じでも引き出物の金額が違ってきますので、まず料理にお金をかけるか、引き出物にお金をかけるかを決めてから引き出物の金額を決めましょう。

法事の引き出物の熨斗の書き方は49日と1周期で書き方を変える

法事の引き出物の熨斗は葬儀と同じように『志 〇〇家』と書く地域もあれば『志 〇〇』と各地域もあったり49日の法要なら『七七日忌 〇〇』と書いたり沢山の種類があります。これは葬儀社さんが決めていることが多く、同じ地域で違う葬儀社の場合は熨斗の書き方も違ってきます。つまりAさんはC葬儀社さんで、お隣のBさんはD葬儀社で葬儀をして初めの法要の49日の法事をしたとします。49日が近くなると葬儀社さんが法事の案内にきますが、この時に熨斗の表書きの書き方を聞くと別の書き方を言う場合もあります。これは葬儀社さんの都合だったり地元の企業でない場合などはこういった事が起きる事が多いです。だからと言って間違っている訳ではなく基本的には同じで葬儀社さんが聞かれると各葬儀社の一般的な熨斗の書き方を伝えてきます。
下記に多く使われる熨斗の書き方を記載しましたので参考にしてください。

35日に法事をした場合

五七日忌  〇〇家(家は付けても付けなくても問題無いです)

49日に法事をした場合

七七日忌  〇〇家(家は付けても付けなくても問題無いです)
忌明け    〇〇家(家は付けても付けなくても問題無いです)

1周期の法事をした場合

一周忌  〇〇家(家は付けても付けなくても問題無いです)

どの法事でも問題なく使える書き方

志    〇〇家(家は付けても付けなくても問題無いです)

一般的によく使われている熨斗の書き方を書き出しました、地域によってはもっと沢山の種類があると思いますが一般的にはこのような熨斗の書き方が多く使われています。あとは蓮の花が書かれている熨斗と蓮の花が書かれていない熨斗もあり地域によっては、葬儀は蓮の花の熨斗を使って法事は蓮の花が書かれていない熨斗を使うなどの使い分けをしています。この逆の熨斗の使い方をしている企業もありますが基本的には葬儀では蓮の花が掛かれている熨斗を使っていただき法事では蓮の花が書かれていない熨斗を使って頂ければ問題がありません。

法事の引き出物を渡すタイミングと渡し方

基本的には参列してくれた人が帰るときに渡して頂く事になります。先に渡すのは引き出物が邪魔になりますし先に渡すと帰れと相手にとらわれる事になりかねません。その為には参列して頂いた人が帰る時に『本日はお忙しい中、ありがとうございました』と一声かけて渡し方をされた方が綺麗です。
もし用事があって法事には出席できないけど法事の香典を頂いた場合の渡し方は、法要後1週間以内にお届けに上がるか発送するかをしましょう、この時に法事の引き出物以外にも何かしらの料理の代わりの品を一緒に送るようにしたほうが相手様に失礼がないとおもいます。

法事の引き出物に赤飯や饅頭を付ける

田舎の方に行くと多い習わしで引き出物にお饅頭や赤飯を付ける地域もありますが、必ず付けなくてはいかない訳ではありません、昔はお饅頭を付けるのが定番でしたが饅頭を付けるよりも引き出物の金額をそのぶん高くする人が増えてきてお饅頭を付ける人が少なくなってきました、また饅頭の好みも、つぶあんだから、こしあんだからとかで食べられない人もいますので饅頭分の金額を引き出物にかけるか、料理をあと1品たしてもらう人が増えて饅頭をつける人が少なくなってきました、ただ『故人さんが饅頭が好きだった』などの場合などは思い出の饅頭を引き出物に入れて、挨拶の時に参列してくれた人に伝えるのも故人さんの思い出を思い返す機会になるかとおもいます。

法事の引き出物の数の決め方

法事の引き出物の数を気めるのは物凄く難しく考える人が多いのですが実は物凄く簡単なのです。よく悩まれるのが参列して頂く全員分の引き出物をよういする人もいますが、香典に対して1つの引き出物を用意すれば良いのでご夫婦の場合は1個で間に合います。例えば30人が法事に参加してくれるとすると清めの料理は30人分が必要になりますが引き出物の場合は30人全員がご夫婦の場合は15家族の出席になりますから15個の引き出物で間に合う事になります。
ご夫婦の場合は、その家族で1個の香典を出しますから1個の引き出物を渡すだけで間に合います
ただ悩むのは親戚の家族の中で成人しているお子さんがいる場合でご両親からの香典は頂けますがお子様が出席するときは香典を包むかはわかりません、こういった場合は少し多めに引き出物を用意するか後日、届けるかを選択している人が多く何方かというと後日に引き出物を届ける人が多いです。

法事の引き出物で人気があって喜ばれるのは

法事の引き出物は故人様に近い人が多いですから、葬儀の時のような多数の人を対象に引き出物を決めるわけではないので選ぶの非常に難しくよく引き出物として使わているのが食べ物、次にカタログギフト、3番目にタオルなどが相手に喜ばれています。1位の食べ物は沢山ありすぎて悩むのですが調味料をはじめ和菓子、洋菓子などのお菓子類とお茶や珈琲と言った飲み物類に分かれています。この中からも沢山の商品がありますのでどれがオススメかは難しくなりますが喜ばれるのはキチンとしたブランドの品ですと喜ばれることが多く、例えば近くのギフトショップで買ったお菓子よりも高島屋で売れ筋のお菓子を同じ金額なら注文したほうが、もしお菓子が口に合わなくても高島屋ブランドで納得と言いますか、『こういうお菓子もあるのね』と言ってくれることが多いです。逆に価格で選んで相手様の口に合わないと『安いお菓子を選らんだ』と思われる事も多くなりますので注意が必要です。
次に人気のカタログギフトですが多数のメーカーから発売されていて通常はありえないほどの安い価格で楽天などで売られているカタログギフトや逆に高島屋などの百貨店のカタログギフト、カタログギフト業界で有名な企業など沢山の会社があり、どのカタログギフトを使えば良いか悩んでしまいます。選び方のポイントとしては商品内容を重視してください、カタログギフトは商品点数を沢山掲載してこれだけの商品点数から選ぶ事ができますよとなっていますが法事でつかう場合は量より質を重視したカタログギフトを選ぶ事をおすすめします。
そう言った場合のオススメ商品は安いカタログギフトは質よりも量のカタログギフトが多いので注意してください、逆に百貨店やリンベルのカタログギフトなどは内容が充実した質の高い商品を多く掲載しているので安心して贈ることができます。

スポンサーリンク