香典返しの相場から人気ランキング
スポンサーリンク

お供え物のお返し【お返しの品ランキング、お返しの時期、金額の相場】

葬儀や法要で多くの人に生花などのお供え物をいただきます。昔は頂いた供物にたいして相手様のご不幸のときには同じ供物をお供えすることが当たり前でした、ですが最近では家族葬や火葬式が多くなって相手様にお返しをすることなく時がたってしまうことも多くなりました

いただいた供物にお礼を出来ないのは失礼になってしまうので最近では頂いた供物のお返しをする人が増えてきました、ただ多くの人がお返しの相場や品物で悩んでいる人が多く少しでもお役にたてるように紹介しています。

お返しの相場

まずは頂いたお供え物にたいしての相場ですが、いくらの供物をいただいたかを聞くわけにもいきません、ですが多くのお供え物は1万円以上することが多く生花は葬儀社によって同じ大きさだとしても15,000円を支払うこともあれば25,000円も支払うことがあり同じ地域だとしても葬儀社さんによって金額は違ってきますので正確な金額は答えることができません、ただ言えるのは10,000円以上は必ずしますので同等の金額か半分の5,000円程度の品を用意しましょう

お供物のお返しの時期

お供物のお返しの相場がわかったら今度はどのタイミングでお返しをするのが良いのかを考えましょう。地域によって葬儀のお返しには即返しと後返しがあります。これは葬儀の当日にお返しをするのが即日返し、葬儀の後で49日の忌明け後にお返しをするのが後返しといいます。そのためお返しをする時期は違ってきます。即日返しの地域では49日より前に、後返しの地域では49日後にお返しをするのが多いです。

つまり葬儀のお返しが終わってから供物のお返しをするのが基本になります。ただお返しをする品物は一緒に決めてしまうほうがらくです

法要やお盆で頂いた供物のお返し

お供物をいただくことは葬儀だけではなく法要やお盆のときに頂くこともあります。法要のときなどにいただく供物としてはお花や線香が多いのですが、葬儀のときにあげていただく供物にくらべると金額的には数千円のものが多いのでお返しをする必要はありません、供物をあげた人からすると数千円の品物にたいしてお返しをすると相手に気を使わせてしまう場合もありますのでお返しはせずに言葉でキチンとお礼をしましょう

法要のお返しランキング

お返しの品には手紙をつける

葬儀の引出物には挨拶状をつけますので供物返しのお礼の品にも必ず挨拶状をつけるようにしましょう。例文としては下記のような書き方でも良いとおもいますが貴方の気持ちや思い出をいれることで文書がもっとよくなります。

『この度はお供え物を頂戴しましてありがとうございます。

故人もさぞ喜んでいることでしょう

ここに心ばかりでございますがお返しの品をご用意させて頂きました』

お返しの品の選び方

いただく供物には個人名義の場合と企業名義、友人一同など色々な人から供物をだしていただきますので名前に寄って品物をかえるようにしてください。例えば従業員一同や社員一同などの場合にカタログギフトを贈っても喜ばれることはありません、それよりもみんなで分けて食べることのできるお菓子をもらったほうが喜ばれます。

つぎに個人の名前で頂いた場合は選択できる品物が広がってお菓子でも良いですし相手の人が好きな品を選べるようにカタログギフトを贈るのも喜ばれます。

一番大変なのが友人一同から頂いたときなどは誰からいただいたのか解りませんよね、しかも15,000円の生花を15名で、だしていただいた場合はお返しをする品のほうが高くなってしまいますので友人一同や同級生一同にはお返しをしないことが一般的です。

お供物のお返しランキング

会社から供花などの供物をいただいた場合はお菓子などの品が人気で会社のみなさんで食べることが出来るので多くのかたか支持をされています。お菓子の詰め合わせは沢山の商品が出ているので注意も必要で年配の人が多い職場に硬いお菓子を贈るのは避けたほうがいいです。いただいても硬くて食べることが出来ないので『かりんとう』などの硬いお菓子は避けるようにしてください。

お菓子が沢山売られているギフト店

髙島屋では、洋菓子が182 和菓子が116アイテム

三越伊勢丹 洋菓子が116 和菓子が47アイテム

シャディ  洋菓子が196 和菓子が131アイテム

一番多くのお菓子をあつかっているのがシャディで327アイテム、2位の高島屋が298アイテム、3位の三越伊勢丹は163アイテムと沢山のお菓子の商品が発売されています。

商品もランキングで表示されているので選ぶときに参考になります。

会社の社長や親戚のひとから頂いた場合はお菓子などでもいいのですがカタログギフトだと簡単に選ぶことができますし相手様の好きな商品を選ぶことができます。お返しの品は贈る相手によって商品を使いわけることがポイントです。

スポンサーリンク