香典返しの相場から人気ランキング

沢山ある香典返しの品から選ぶときに多くの人が返礼品を何にするかで悩んでいます。別のページでも書いていますが香典返しの品はお茶や海苔などの乾物系が多かったのですが最近は乾物系を選ぶ人は少なくなってきました、理由はペットボトルのお茶は飲むけど急須でお茶を飲む人が少なくなっているのが原因です。
もしかすると急須も家においていない人もいるかもしれません、急須がない家にお茶を返礼品で贈っても問題はないのでしょうか?
また病気で甘い物を控えている家庭にお菓子を贈るのは?

 

香典返しの返礼品でカタログギフトを贈るのが失礼に感じる人もいるかもしれませんが相手様の嫌いなものや食べられないものを贈ることのほうが失礼にあたります。
確かに贈る品を決めて気持ちを形として贈るのが香典返しですからカタログギフトのような『この中から好きなものを選んでください』というお返しの仕方に失礼な感じもしますがブライダルでカタログギフトは定番になっていますしお祝いのお返しでもカタログギフトが使われることが増えていますのでカタログギフトに対する抵抗はなくなっていますから香典返しでカタログギフトを贈ることに関しては失礼には当たらないとおもいます。

しかし注意していただきたいのがカタログギフトの質です。
カタログギフトは沢山の会社から発売されていますので同じ金額でも中の商品掲載内容が全然違っています。
同じ金額でも無名のお菓子を中心に使っているカタログギフトもあれば百貨店でも扱っているようなお菓子の名店の商品を中心に掲載しているカタログギフトもあります。
つまり香典返しでカタログギフトが本当に失礼にあたるのは値引きがされていて安く買えるからでカタログギフトを決めてしまった場合に、相手様が欲しいものがなくて『
このカタログギフトは良いのがない』と思われてしまうことです。

このようになってしまうとお茶の飲まない家庭にお茶を贈っているのと同じことになってしまいます。では、このようなことにならないようにするにはどのようにするのが良いのかと言うとメーカーさんのデジタルカタログと言って実際のカタログの掲載内容をパソコンやタブレットから見ることができますので一度見ていただいて納得したメーカーさんのカタログギフトを選ぶようにしましょう。

メーカー選びの参考として考えていただきたいのがリンベルのカタログギフトで幅広いお返しに使われカタログのデザインから掲載内容までお返しに合わせた商品構成になっています
例えば香典返しでいただいたカタログギフトが結婚式などで使われるような派手な柄だと佛のお返しで派手な商品をいただいたと思われるのも後々に困ってしまいます。
リンベルはブライダル用のカタログギフトと香典返し用のカタログギフトを完全に分けてつくっているので失礼がないカタログギフトになっていますので失礼のないお返しをしたい人にはリンベルのカタログギフトを基準に考えてカタログギフト選びをしてください。

リンベルのカタログギフト
スポンサーリンク