香典返しの相場から人気ランキング

葬儀や法事で高額な香典を頂いたときに高額香典返しをします。このときに金額はいくらから返したほうが良いのかお返しの相場や人気の返礼品など高額香典返しで悩んだ人に少しでも役にたてるような情報を紹介しています。

高額香典返しはお供え物のお返しと同じ時期になりますので別々の品を送るようにしましょう。

スポンサーリンク

高額香典はいくらからお返しを用意する

高額香典返しはいくらの香典を頂いたらお返しを用意するのが良いのか悩みます。何処の地域も香典の相場があり5,000円が相場の地域もあれば10,000円が相場の地域もありますので、いくらからが高額香典返しの対象にしたら良いのか気になります。一般的には葬儀式の時に来て頂いた人用に一律のお返しの品を用意して対応します。

ですが葬儀の時は誰がどのぐらいの香典を包んでくれるかはわかりませんよね、式が終わった後に相場よりも高い香典を包んでくれた人のお返しをするようにします。つまり頂いた香典の中で多い金額の人をリストにしてお返しをするようにします。例えば5,000円が一般的な香典だとして2,500円の返礼品や10,000円に対して5,000円のをお返しするなど頂いた香典の半返しをしていれば高額香典返しは必要がありません、たたそれ以上の20,000円からは一般的なお返しの他に高額香典返しをします。

お返しの金額の相場

ここでは高額香典返しの相場の金額を紹介しましょう。高額香典返しと言っても頂いた金額に対してどのぐらいの金額を返すのが良いのか合計の金額でお返しをするのが良いのか初めてのことで悩んでしまいます。

例えば20,000円の香典を頂いたとして3,000円のお返しを葬儀の時にしていれば5,000円~10,000円の高額香典返しをしてください、目安としては合計の金額が半分以上になるようにお返しの金額設定をするようにしてください。

30,000円の香典を頂いて3,000円のお返しを葬儀で返している場合は12,000円ぐらいの高額香典返しを

50,000円の香典を頂いて3,000円のお返しを葬儀で返している場合は20,000円~25,000円の高額香典返しを

100,000円の香典を頂いて3,000円のお返しを葬儀で決している場合は50,000円程度の高額香典返しを

ここで紹介している金額は目安ですので香典金額を見ながら判断してください、また20,000円以上の香典を頂いた時には高額香典を考えて下さい。

お返しをする時期は何時までに手元に届くようにするのがマナー

高額香典返しを、いつまでに発送するのがマナーなのか知りたいですよね、いただいて直ぐに発送をするのがいいのか、それとも49日の忌明けの時に発送をするのが良いのか、どちらがよいのか悩みます。

ただ高額香典返しは親族から頂く事が多いですので49日の法要の時に法事の返礼品と一緒にお返しをするのはマナー違反になるときもあります。親族の全員が高額香典を包むわけではありませんから、お返しをするときに法事の引き出物と高額香典返しを渡す人もいれば、法事のお返しだけをする人もいますので、ここで差が出てしまうのは人によっては嫌がります。

では、どのようにするのが失礼がないかというと49日の法要が終わったあとに発送をするようにしましょう、最近では葬儀屋さんで高額香典返しを頼むと送料がかかる場合がありますがネットを利用することで送料が無料になる返礼品ショップもあります。

高額香典返しにつける挨拶状

多くの人から質問をいただきますが、その中で多いのが挨拶状をつけたほうが良いのか?との質問をいただきます。葬儀の時にお礼状はつけているので改めてつける必要は無いです。同じような内容の挨拶状をつけても頂いた人がとまどってしまいます。

では、どのような方法がいいのかと言うと全体の会葬者の中から高額の香典を包む人は少ないので一番丁寧なのは電話でお礼を述べてお返しを発送させていただいたことを伝えたほうがいいです。高額香典を包んでいただける人は特別な人ですから略式のお手紙ではなく口頭で伝えることで感謝の気持ちを伝えることが重要です。

『この度は大変おせわになりました、沢山のこころざしをいただて申し訳ありません

すこしばかりですが心ばかりの品を送らせていただきました』

すこし乱文ですが、このようなお礼の電話を入れるようにしましょう

高額香典返しをする時期

まず葬儀のお返しは2つに分かれます。当日返しという式の時にお返しをしてしまう方法と、式の後にあらためてお返しをする地域があります。

高額香典返しは式の後にあらためてお返しをしますので49日の喪があけてからお返しをすることになります。なぜ49日(仏式の場合は49日で神式の場合は50日)の喪が明けてからというと、それまでの間は色々な手続きなどで多忙になり落ち着くのが49日を過ぎるので喪明け後にお返しをすると言われています。

もし49日前までにお返しを済ませようとすると忙しくなってしまいますので準備だけ整えて49日の法事が終わったら発送して下さい

※あまりにも遅くなるのは失礼ですので49日の法要から1週間いないには相手様に届くように発送して下さい

高額香典返しでオススメの返礼品

一番の悩むところは高額香典の返礼品、いただく金額が大きいのでお返しの品は見あった品物にしないとなりません、10,000円のお返しを考えた時にお茶や調味料セットを選ぶ人はいません、なぜなら10,000円の金額にみあう品がないからです。

では、どのようなものが喜ばれるかというと普段は食べることができない高価な食品や日帰り温泉、女性に人気のエステ、高くて行くことが出来なかった人気のレストランなど、価格にみあった商品が喜ばれます。

年齢や男性女性によっても好みが違いますから品を選ぶのは非常に大変です。そこで多くの人が高額香典返しの品に選んでいるのがカタログギフト、最高額が10万円のカタログギフトまで用意してありますからお返しの金額で悩むことはありません

なんと言っても魅力的なのは掲載されている商品のラインナップ、高級肉から温泉やレストラン、産直の珍味など沢山の商品が掲載されています。高級なものほど用意することが大変ですがカタログギフトを使えば沢山の商品を用意できます。

高額香典返しで使いたいカタログギフト

高額香典返しで多くの人が選択しているカタログギフトですが沢山のメーカーから発売されているのをご存知ですか大手のカタログギフトから百貨店のカタログギフト、値引きされているカタログギフトなど沢山の企業から発売されています。その中で特におすすめのカタログギフトを紹介します。

各企業さんの公式ページにあるデジタルカタログでは掲載されている商品内容を見ることができますので気になる人は見てみるのも良いかもしれません。

トップシェアーのリンベルのカタログギフト

カタログギフトでトップシェアを誇るリンベルの人気商品です。価格帯も高額香典で使われる50,000円ぐらいの商品んもありますので大変使いやすい商品です。

また送料が無料で返礼品が相手様に届いたかどうかを確認することが出来ますから安心して商品を発送することが出来ます。

一部の商品がネットで安く売られていますが掲載商品が取り扱いなしなどのシールが貼られているリンベルのカタログギフトが安く売られているようでこちらで紹介している公式サイトのカタログギフトではそのようなトラブルはないようです。

リンベルのデジタルカタログはコチラから

42%引きのカタログギフト

ソムリエギフトさんが発売しているカタログギフトは42%引きで購入することが出来ますのでお買い求めやすくなっています。送料はゆうパックを選択すれば180円で発送してくれますので大変お得です。

例えば高額香典返しで人気の価格帯であります。10,000円のカタログギフトが税込み7,927円で購入することができます。

価格帯も幅広い金額の商品がありますので使いやすいとおもいます。

ソムリエギフトののデジタルカタログはコチラから

 高島屋のカタログギフト

見た目に拘るなら高島屋のカタログギフトがおすすめです。カタログ内の掲載されている商品内容はほぼ同じですが包装紙や袋に拘りたいなら高島屋のカタログギフトがおすすめです。

高島屋オリジナルのカタログギフトなら送料が無料になりますからお得です。お返しの金額も幅広い金額帯をあつかっていますので高額香典返しに適した商品です。

ワンランク上のカタログギフト
スポンサーリンク