香典返しの相場から人気ランキング
スポンサーリンク

友人や知人が葬儀に出席してくれた人へのお返し

友人、知人への香典返しは忙しいところ出席していただいた友人、知人、後日に自宅へ香典をもってきてくれた場合もキチンとお返しをしましょう、友人や知人は付き合いが長くなりますのでお返しの品もキチンとした品をお返ししたほうが良いです。

友人や知人へのお返しの品は同じ年代の人が多いですから自分の好みと同じ品を香典返しとして使う事もおすすめです。確かに多少の好みの差はあるかと思いますが、全然といって良い程、嫌いな品ではないと思いますので自分もこの商品なら喜んでもらえると思った品をおくることで喜んでもらえると思います。

友人、知人への香典返しの相場

いただいた香典に対しての香典返しの相場は通常のお返しの相場と同じ金額帯が目安になります。例えば香典が10,000円だったとしたら5,000円がお返しの相場になります。
地域によっては10,000円の香典に対して2,500円~3,500円のお返しをする地域もありますが基本的には5,000円の香典返しをお返しするのが一般的になります。
つまり頂いた香典に対しての半分の金額を返すのが定番になるかと思います

友人と知人への感謝の気持ちを挨拶状

友人に香典返しを贈るときに挨拶状を付けるか付けないかを悩む人もいます。基本的には挨拶状を付けるのが一般的ですが本当の友人なら電話か会って直接の言葉で感謝の気持ちを伝えるのが良いかと思います。
挨拶状の内容はネットで例文が沢山でているのでその中で気に入った例文を選んで、多少の自分の言葉をつけることで相手に気持ちを伝わると思いますので定型文の中に簡単に出も感謝の気持ちを書き添えましょう

どんな品が喜ばれる

人の好みは色々ですが同年代の人なら上でも書きましたが自分の好みの品で良いと思います。もしそれでも悩まれるようでしたら参考程度に聞いて頂ければいいのですが香典返しは大きく分けて4つに分ける事が出来ます。
飲み物系・・・お茶、珈琲、ジュース
食べる・・・海苔や梅干しと言った昔ながらの定番の品と若い世代に人気のデザート
使う・・・・タオルや入浴剤のセット、タオルは500円ぐらいで買えるハンドタオルや3,000円ぐらいのタオルのセット、冬などは人気の入浴剤のセット
好きな物を選ぶ・・・相手の好みが分からい場合に使うと便利、最近はグッズから食べ物、日帰り温泉と種類が豊富にあるのが魅力です。
この中のどれかを相手と贈る貴方の好みで品物を選んでもらうのが良いと思います。

返礼品を贈るタイミング

葬儀で頂いてその場でお返しをするなら直ぐにお返しをすれば友人、知人へのお返しも済みます。でも、葬儀後に香典を頂いた場合や返礼品が後返しの地域だとお返しをするタイミングに悩みます。
この場合は2つのパターンがあり、1つは葬儀後の後返しでは49日後にお返しをするのが一般的です。次に葬儀後に香典を頂いた場合は49日後にお返しをしてください、49日を過ぎて香典を頂いた場合は1週間ぐらいを目安に香典返しをするようにしましょう。

スポンサーリンク